柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 服掛松キャンプ場 2012年4月28日~30日


服掛松キャンプ場 2012年4月28日~30日

一日目

待ちに待ったゴールデンウイークに突入。今年は3連休と4連休の変則休日のカレンダーとなったが、天気予報によると前半の3連休は天気が良いが後半の4連休は崩れるとの予報。そこで我が家は前半の3連休を利用して、西日本最大級といわれる服掛松キャンプ場に行くことにした。

今回の我が家のサイトはユニフレームのレボと初投入の小川キャンパルのラナのジョイント。
きれいにドッキング出来たので夏場は涼しく過ごせるレボとのコラボは初秋まで定番となりそう。

テント設営が終わったら、早速昼食。メニューは生タイプのラーメン。
麺とスープを別々に作らなければならないのでキャンプメニューとしてはいささか不適当だったかもしれないが、ツーバーナーをフル活用。

焼き豚を乗せれば、はい 本格豚骨ラーメンの出来上がりです。

食後、キャンプ場のすぐ近くにある舟の口水源にキャンプに使う水汲みに行った。崖から滝のように流れる清水は感動もの。

水を汲みやすいようにホースも設営されていたので、それを利用してタンクに注いだ。
昼食のラーメンもこの水で作ればまた格別になったのかもしれないと思うと、少し心残り。順番は大事ですね(笑)

この後、九州のグランドキャニオンの異名を持つ蘇陽峡を見渡せる展望台に足を延ばした。

秋の紅葉時期は素晴らしい景色になるそうなのでもう一度訪れたいと思う。
また、このあたりで沢山のワラビやゼンマイを見つけ思わぬ山菜狩りを楽しむこともできた。

キャンプ場に帰る途中、キャンプ場から一番近い温泉、ごかせ温泉 森の宿 木地屋に立ち寄って温泉を満喫。3時位だったので宿泊客などで一杯かと思ったが、お風呂は我が家の独占状態だった。泉質もお肌ツルツルになって最高!

キャンプ場に戻り、早速晩御飯の準備。
一品目は「キャベツまるごとスープ」四つ割りしたキャベツを丸ごとダッチオーブンに突っ込んで、ベーコンとコンソメ塩コショウで味付けして後は火にかけるだけの鍋料理。

2品目はキャンプの定番「カレー」

そして3品目は、焼き物。 家で串差しにしてきた焼き鳥&スペアリブ、こんだけ食べたらさすがにお腹いっぱい。お酒も手伝って今日も早目のご就寝。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category