柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 蔵迫温泉さくら オートキャンプ場 2015年1月17日~1月18日


蔵迫温泉さくら オートキャンプ場 2015年1月17日~1月18日

一日目

今年のキャンプ初めを何処にするか?

寒い冬は、やっぱり温泉のあるキャンプ場がありがたい。

候補に挙がったのは、山鳥だが、予約の電話を掛けたところ、「水道設備に不備があり、今シーズンは2月一杯まで閉鎖して、3月から開けます」との残念な返事が返ってきた。
しかたないので、今回も蔵迫温泉さくらオートキャンプ場に行くことにした。

午後1時にキャンプ場に到着。九重の山はうっすらと雪化粧していたが、道中を含め、キャンプ場には全く雪は無かった。

我が家の定位置となった久住側のサイトに、これまた我が家の冬キャンプ定番の小川ボルテックスとラナを張った。

管理等の前に、去年まで無かった囲炉裏小屋が作られていた。

丸太で作られたベンチもあり、囲炉裏を取り囲んで、のんびりと時間を過ごすのも風情があって、いいかもしれない。

温泉解禁の3時になったので、さっそく楽しみの温泉に入ることに。

湯加減はちょっとぬるめだったが、翌朝まで含め5回ほど入浴したのだが(入りすぎ?笑)、今回は内湯には入らず、すべて露天風呂を利用した。

入浴後、子供たちは、さくらでのいつものパターンで、管理棟で大量のマンガを借りてきて読みふけっていた。

パパは早速、風呂上りのビールで乾杯。

あてに2ヶ月間、カーポートの軒下に吊るして熟成させて出来た自家製のパンチェッタで、早くも2本目。

今回は燻製もしない完全な生だが、とにかく旨い!

早くも3本目に手が伸びた。(笑)

はなちゃんには無いのですか?

日が暮れ始めた。

阿蘇サイトに夕日が沈む。

今夜はモツ鍋。寒い夜はやっぱり鍋料理に限る

ビール4本目でモツ鍋が出来上がった。(笑)

 旨い!

鍋と武井君でシェルター内はポッカポカ。

シメにチャンポン玉を投入!

食欲盛んな長男もガッツり!


午後八時前。テント内はマイナス3度!

寝る前に、もう一度温泉に入り、体を温めて9時過ぎには眠りについた。

空は満天の星に覆われた。(右上隅に糸くずのような線が見えるのは流れ星です)

 

 

二日目

朝6時半起床。 気温はマイナス8度近くまで下がった。

まずは朝風呂に入り、体が温まったところで焚き火に火を入れた。

空にはまだ月が昇っている。

フロントガラスは勿論凍り付いている。

テントもバリバリ。

そんな激寒の中、あえてシェルターを飛び出し、外で朝食の準備に取り掛かる。

これだけ寒いとガスボンベは機能しないので、ウイスパーライトで調理。

おこげ付きの釜飯が美味しく出来上がった。

日も昇り、実に清清しい空気に包まれて気持ちいい。

テントも無事に乾燥撤収できた。

最後に、はなちゃんの記念撮影。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category