柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 歌瀬キャンプ場 2013年3月30日~3月31日


歌瀬キャンプ場 2013年3月30日~3月31日

一日目

春休み最初の土日。去年、同時期に泊まった歌瀬キャンプ場を選んでみた。
去年は氷点下3度まで下がったが、今年は氷点下になることは無さそうだ。

何時ものように高森経由で歌瀬に向かう。
この日は有名な”一心行の桜”の開花に伴い大勢の観光客で沿道は混雑していた。
野焼きも行われてて、もう少し残ってますね。

渋滞をうまくかわし歌瀬に到着。早速テントとタープを設営した。

日頃、そり遊びする場所は芝生の張替の為、立ち入り禁止。
管理人さんによると、この状態はゴールデンウイークには間に合わず、夏場まで続きそうだとの事でした。

3月も、もうすぐ終わりとなり日差しも結構強い。ZINGがいい具合に影を作ってくれたので、はなちゃんもZINGの下に避難です。さて、早速昼食! 冷凍うどんに、かき揚と温泉たまごをトッピング。

それだけで十分だと思うのですが、太巻きもいただきます。
(育ちざかりのパパが居るものですから・・・爆)

子どもたちは大好きなエビ天をトッピング。

誰もいないリバーサイドを見下ろしてみた。
実は今回、電源なしのリバーサイドを狙っていたのだが、水道が3月いっぱいまで止められていたので利用できませんでした。サイトの区画が広いので4月以降は、ここもねらい目だと思います。

スノーピークのウイングポールを一番短い状態にしてセットしてみた。
西日対策に良さそうだ。

さて、お楽しみの温泉。今回も”そよかぜパーク”に立ち寄った。
残念ながら大浴場が3月末まで閉鎖中の為、ホテルの温泉を利用した。

浴場までの途中、ホテルの室内を覗いてみた。ロフトもあり子供も喜びそうな部屋である。

こちらがホテルのお風呂。大浴場に比べれば若干小さいが、十分な広さである。

3時過ぎ、我が家以外誰もいなかった。

浴槽からの眺めはグラウンドが見えるだけで露天風呂もないのでイマイチ。

正真正銘の温泉なのであります。

「温泉の後はアイスクリーム!」って事で歌瀬に戻る途中にあるスーパーに立ち寄った。

「ホテルのアイスクリームは高いからもうちょっと我慢しなさい!」と子供をなだめてやってきたがご覧のとおりの大正解!なんと本日全品半額!!
これ前にも見た覚えが・・・。いつも半額?
それにしても”おひとり様5個まで”なら解るが”ご本人様”とは一体誰の事だろう?(爆)

サイトに戻り、運転解放でさっそくパパは乾杯!久しぶりのバドワイザーだったが、いつの間にかパッケージが変わっていた。コークと間違えそうだ(笑)

さてさて本日のメインイベントの開催です!第一弾は”ぐりとぐらのカステラ”

長男、真剣に手伝っています。

火加減にも注意して心配そうに眺めています。

はなちゃんも眺めています。

焼きあがりました!

が・・・・焦げ付いています・・・。「必殺そぎ切りの術」を使います(爆)

その間、しばしママ手作りのデイジーチェーンをご覧ください(笑)

デイジーチェーン第二会場です(爆)

さて、気を取り直してメインイベント第二弾!

ダッチオーブンを使って「なんちゃってケンタ」を作ります。

クレイジーソルトで味付けしたら薄力粉を振って準備完了。

油の量は1.5㎝から2㎝程度の少量の油でいいそうで、自宅で測ったら300mmのペットボトルに収まったのでそれを持込み、帰りはジョウゴを使ってまたペットボトルに戻して家に持ち帰る段取りです。

レシピでは中火で蓋をしたら8分、蓋を開けて強火にしてさらに8分と有ったので、ストップウォッチ機能を使って正確に時間を図ります。(笑)

「やっぱ、ケンタさんにはフライドポテトでしょ」て事で、サイドは超ビックサイズの新じゃがを用意。(比較の為、リンゴを添えてみました。笑)

フィッシュアンドチップスを意識して大きめにカット。

8分経過。蓋を開けると色合いがもうちょっと?さらに2分時間延長して裏返し、さらに10分。

なかなか、上手そうです!

大型の骨付きモモ肉だったので2本しか入らなかったので、急いで残りの2本を入れます。

さて、いただきます!!うまい!!
ダッチオーブンの圧力釜効果で皮はパリパリ、中は柔らかジューシー

と、言いたかったのですが・・・


中身と味はともかく、皮はパリパリの半分のパリ位・・・(なんのこっちゃ)

ポテトに至っては油がギトギトでとても食い物にならないありさま(泣)

急きょソーセージを焼いて飢えをしのぎます。

管理人さんのご厚意で当日キャンプファイヤーも楽しみました。サイトに戻り焚火続行です。

気温は8度。気持ちよく眠れそうです。

二日目

昨日、焼きおにぎりをしようと作ったおにぎりが残ったので、今朝の朝食はそれをなべに入れてリゾットを作りました。
味付けは、コンソメとクレイジーソルトだけといたってシンプル。

出来上がりぎわ、卵も投入して完成。

その後、のんびりしながら撤収準備。12時ごろ帰路に付きました。 おまけダッチオーブンで作ったケンタとフライドポテトがどうも納得いかなかったので自宅に戻り早速リベンジ!

油の量はキャンプ場と同じにして、IHでは揚げ物モードではなく、中火で時間を図りながら調理します。

ポテトはマックポテトと同じくらいの大きさにカット。そして手羽先をクレイジーソルトで味付け。

ポテトは蓋をせず様子を見ながら揚げることにした。

マックと変わらない香ばしさでカリッと揚がりました!

そして真打、手羽先君の登場です。

こちらはレシピ通りの時間で調理。

キャンプ場とは違い、皮はパリパリに上がりました。見事リベンジ成功です。

総評

キャンプ場での敗因は、油の温度に有りそうです。骨付きの大型モモ肉だったこと、ポテトも大きめに切って大量にダッチに投入したことで、油の温度が下がり水分の蒸発が上手くいかなかったのが原因だと思います。

次回は、この点に注意したいと思います。油の後処理も当初は固めるテンプルしかないかと思ったのですが、ジョーロを使って容器に戻せばいいと気づいたのもヤッテみようと思ったきっかけとなりました。


ファミリーキャンプのトップへ



back to top

Category