柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 歌瀬キャンプ場 2013年9月21日~9月23日


歌瀬キャンプ場 2013年9月21日~9月23日

一日目

厳しかった夏の暑さもようやく収まり、秋の気配を少しではあるが感じられるようになりキャンプには最適な季節が訪れた。
3連休を利用して向かったのは、今回も歌瀬キャンプ場。
他にもたくさんキャンプ場は有るのだが、せっかくの3連休をのんびり過ごすところは、やはりお気に入りの歌瀬と相成ったのだ。

予約の際、電話ではAサイトとBサイトCサイトは既に予約で埋まり、リバーサイトとフリーサイトに若干の空きが有るとの事でリバーサイトを確保。
自慢の芝生は、今回も見事に管理されていた。

今回の幕はMSR軍団のジングとマザハバ、マウンテンハードウエアのハマーヘッド、そして愛犬はなちゃん用にモンベルのドギードーム。

ジングの下はエルパソのラグを敷いてロースタイルに。

テントを川沿いに並べ、間にお昼寝用コットをセット。

ジングタープの前には焚火会場も確保。

サイト設置後さっそく昼食、冷凍うどんを茹でスーパーの総菜コーナーで買った天ぷらを乗せただけの何時もの手抜きメニューだが、実に旨い

リバーサイトの名前通り、裏側には小川が流れている。
息子たちはさっそく「探検してくる!」と言い残し、上流へと消えていった。

その後、そよかぜパークの温泉で汗を流す。。

クーラーはポリライト40とスノーライトを持ち込んだ。

運転解放のパパはクーラーでキンキンに冷えた冷えたビールで早速一杯。
持ち込んだのは最近スーパーでもよく見かけるBASS。アメリカのバドワイザーをバズと呼んでいたので、最初はバドワイザーがパッケージデザインを変えてのか?と思っていたが英国製のビールである。
そして今回、瓶ビールにしたのは訳が有る。

スノーライトの持ち手のところ(両側)に栓抜きが付いているのだが・・・

それを試してみたかったのだ。(笑)

そして今回初投入のユニフレームのフィールドラック。
この大きさがスノーライトにピッタリで、スノーライト用に作られたのか?と思わせるほどのベストマッチであった。
実は、コールマンのクーラースタンドとどっちにしようか、さんざん悩んだ挙句の購入だったので、こっちを選んで本当に良かったと思う。

今日の夕食は炭火焼のサンマ。

料理長(長男)が手際よく焼き上げます。

醤油をたらし、自宅で採れた”すだち”を絞って口にほうばる。。。旨し!

そして自宅で作った餅(ホームベーカリー)を焼いたが、みごとに焦げた。(爆)

ひょうきんな次男は餅を食べるにも人を笑わせてくれます。

この後、焚火をじっくり楽しみました。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category