柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 歌瀬キャンプ場 2014年11月1日~11月3日


歌瀬キャンプ場 2014年11月1日~11月3日

11月の3連休を利用して向かったのは、久しぶりの歌瀬キャンプ場。
今年、夏以降の3連休は台風の影響でキャンプを断念していたのだが、今回も天気予報では雨模様らしいが、これ以上我慢の限界で、強行することにした。
実は、10月の3連休に歌瀬初のオークションが開催されるということで、こちらも参加する予定にしていたのだが、上記のように台風の影響で今回に順延されたので、それも楽しみの一つである。

一日目

午後一時ごろに歌瀬に到着。受付を済ませ、予約していたリバーサイトに幕を立てた。

今回の幕はMSRのジングとマザハバにホーラー、そして寒さ対策に小川のラナと愛犬はなちゃん用にモンベルのドギードーム。

リバーサイドは区画が広いので、これだけの幕とマイカーも綺麗に収まった。。

午後3時からオークションが始まるので、会場のCサイトにあるキャンプファイヤー場に向かう。

タープ下に、今回の出品物が並べられていた。

タープ横に張られた廃盤カラーのスノーピークのアメニティードーム、ランドブリーズ5、リビングシェルとマウンテンハードウエアのソロテントもオークションに掛けられるそうだ。

予定の3時開催が雨のため30分遅れでいよいよ始まった。

奥さんが商品を見せて、管理人さんがセリの掛け声を掛けるスタイルで、約50点の出品物が次々に競り落とされていく。

それなりの価格?や破格の値段の落札価格に参加者は一喜一憂。

写真のリビングシェルはなんと破格の1万5千円で競り落とされた。

スノーピークの幕に興味はないが、落札してネットで売ればよかったと後で後悔。(爆)

約1時間オークションの後、そよ風パークで温泉に浸かり、サイトに戻った時には、すっかり日が落ちていた。

ここでやっと、ブランチでチャンポンを食べた。

そのまま夕食に突入(笑)

まずは旬の秋刀魚を焼いた。

やはり炭火で焼く秋刀魚の味は格別である。

そして豚バラを追加した。

ユニフレームのツインスキュアーを使えば、食材がクルクル回らないので、簡単に裏返せて便利だ。

食後、子供たちは花火を楽しんだ。

傍らで焚き火を楽しみながら、さつま芋をアルミホイルに包み放り込んだ。

そして、夜は更けていく。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category