柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 沖縄旅行記 2008年9月


沖縄旅行記 2008年9月

手配編

JALのマイルが年内で消滅するものが一部あり、もったいないので使っておこうと計画。
「おともdeマイル」を使ったとして、本人1万マイル+同行者3名分。
去年は東京に行って、その前は北海道だったので、今回は行った事のない沖縄。
海で泳げるのが10月いっぱい。けんとの幼稚園の運動会が10月中旬なので、出来れば9月がいいだろう。
9月は連休もあるし、ひかるも2年生なので、なるべく休ませないように日程を探す。

まずは飛び石連休を狙い、9月になると毎日のように残席チェック。
「おともdeマイル」は2週間前からの発売なのだけど、チラ見ができるので。
往路を発売されている日にちを入れて、復路で取りたい日にちを入れてみる。
ただ、ずーっと×でも、10日前(発売から4日後)ぐらいに○になっていることもあり。
こればっかりは、発売されてみないと分からない。

第一希望の飛び石連休は、日にちが近づくとほぼどの便も×。
発売日の9時半。往路・復路ともに希望の便はなし。
しばらく様子を見たが、状況は好転しないので、週末に一日休ませて金・土・日に変更。
で、発売日。復路の希望便が残席3!もう1席出るまで待つか、どうしよう。
正規の子供料金を調べたら、+7,000円ぐらい。ならば、けんとの分だけ普通に取って
あとは「おともdeマイル」で購入。
その3日後、「おともdeマイル」の復路の希望便の残が出た!え~~ぇ!でも今更変更できないし・・・。

ホテルは美ら海水族館に行く予定なので、そこからアクセスのいいところを探す。
で、子供連れでも楽しめて、値段も手ごろなところ。
口コミも参考にして、マイハナウェルネスリゾートに決定。
日本旅行にてネット限定のプランで予約。
レンタカーを借りるかどうするか。空港ーホテルを、高速バスなどを使っても結構高いしレンタカーのSサイズなら、3日間で1万ぐらいで借りられそう。パパの承諾ももらい、オリックスを予約。

1日目

まずはJALのカウンターへ。座席が事前指定だと、並びで取れない場合、当日搭乗手続きをするときにお願いすると、たいてい取ってくれる。

子連れだからかもだが、席がバラバラだと大変なことになってしまうので、ここでお願いするのは重要。

無事並びの席が取れ、搭乗口へ。売店でおにぎりやサンドイッチを買って、乗り込む前に朝食。

ここで注意、4歳のKは親がセーブしないと、ジュースなどはどんどん飲んでしまう。
出先で何度もトイレに行くことになる。機内でもジュースはもらうので、飲み物はほどほどに。

沖縄に到着して、初めての国内レンタカー。
空港の出口に向かうと、乗客のほぼ全員がレンタカーのお迎えバスの方に向かっているので、一緒についていく。
自分の予約した会社のバスに乗り、しばらくして出発。
営業所に着くまでに、バスの中で任意の保険追加の説明等聞きながら、申込書に記入したりして到着。


営業所の受付も広くて、次々に手続きしてくれ、それほど待ち時間はなし。
我が家の車は、黒のフィット。チャイルドシートも着けてもらい、ナビは営業所を自宅にセットして出発。これで安心して戻ってこられます。(笑)

まずは、ジャパレンのお隣の、アウトレットへ。
お客さんはガラガラだけど、店内に入らないと暑い。ちょっとぶらぶらして、フードコートでアイスクリームを食べた。

高速道で北上しようとインターへ。
ここでETCカードを持ってくるのを忘れたことに気づいた。しかたないのでそのまま乗るが、いざ乗ってみると高速道は海も見えないし面白くない。

時間もあることだし屋嘉インターで降りて、西海岸沿いを北上することにした。
こっちの方が海が見えて、子供たちも大喜び。
渋滞もなく、沖縄ドライブを満喫。

途中、道の駅許田にて、美ら海水族館のチケットを購入。 大人1,550円、子供530円でした。直接買うと、1,800円と600円なので、ちょっとお得。

かりゆしビーチでトイレを借りた後、「沖縄そば」の看板が目にとまり、さっそく食べることに。出てきた沖縄そばは、そばというより、うどんの細めんって感じ。でも美味しかった。

そのまま58号線を北上して、名護市民ビーチに立ち寄り。
ちょっと浜辺で波と戯れるつもりが、子供たちは服のまま海に入りびちょびちょ。

ホテルに到着。部屋は1005号室。10階の端っこの方。もともとマンションだったような造り。
ベランダからはプールが下に見え、海洋博公園の南ゲート、その先には海。

子供たちとパパは、早速プールへ。私も荷物を片付けてビデオ片手に行った。
大喜びの子供たち。室外プールは半分ぐらいが子供用に浅瀬になっている。私たちとは別に3家族ぐらいが遊んでいた。

いったん駐車場に戻り、水着や浮き輪を持ってエメラルドビーチへ。
更衣室もあり、ロッカー・シャワーも完備。
3つのビーチがあるのだが、風が強いため、ほとんど「遊びの浜」にいた。
人工ビーチらしいが、年数が経って、珊瑚礁のかけらもあり。

の底には藻みたいなのが、うにょうにょ生えて気持ち悪かった。

それから海にも行ってみようと、底瀬島に向かった。
底瀬ビーチは良くないという評判だったので、橋の下の浜辺に行ってみた。
わナンバーばっかり。浜辺は珊瑚や貝殻でいっぱい。歩くのが痛いのでサンダルのまま。
貝殻拾いをしたり、海に入ったり、砂を掘ったりして遊んだ。

ホテルに戻り、大浴場へ。ここのホテルは各部屋にもお風呂はあるけど、温泉の大浴場もあり。 せっかくなので、行ってみたら、けっこう賑わっていた。それから夕食はホテルのバイキングにした。 割引券をもらっていたのでいったが、値段の割りに内容がちょっと…。

部屋は畳が4畳ぐらいあり、ベッドは2台。押入れに布団も入っているので、子連れにはお勧め。
寝相の悪い子供には安心。添い寝もOKだし。

ネットも部屋で繋げた。簡単なキッチンもあるので、買出ししてきて食べるのも良し。コップはあるがお皿はなし。
フライパンなど、有料で借りることも出来るらしい。やかんはあるので、お湯を沸かすのは十分。


2日目

今日は美ら海水族館へ行く予定。朝食はホテルにて、バイキング。オムレツもその場で作ってくれ、
和食・洋食とけっこう置いてあった。ジュースはシークワーサーでお茶はさんぴん茶。

ホテルのとなりに海の駅があり、そこのコンビ二で浮き輪を購入。大人用で1,995円
空気入れが置いてあり、そこで膨らましていくことが出来る。

美ら海水族館は、すばらしいですね。最後の「黒潮の海」は圧巻。ジンベイザメ3頭やマンタなどさまざまな魚たちが泳いでいる。

近くからも見られるが、離れてみてもなかなかいい。
各ブロックに「美ら海観察ガイド」というA4サイズのカードが置いてある。
16まであり、売店ではそれをいれるファイルも売っているが、別に百均のでもOK。
ちょうどひかるが2年生で、国語で「さんごに住む生き物」を習っていた。
ちょっとした図鑑になって、役に立った。

お昼御飯は「花人逢」というピザ屋さん。本部の見晴らしのいい高台にあり、美味しいピザと、お庭からの眺めが最高とのことで、人気らしい。ナビを頼りに進む。

ここも”わ”ナンバーのレンタカーでいっぱい。タクシーで、わざわざ来ている人もいて沖縄の民家という感じのお店は、店内もかなり混んでました。

ピザとサラダ、ジュース、どれもとっても美味しかった。 その後、一旦ホテルに帰り、プールでひと遊び。我が家以外は家族連れが2・3組なので、のんびり。

それから本日の夕食はどうしよう。ここのレストランはいまいちだから、「スーパーで寿司でも買ってきて食べようか」って事になった。
で、地元のスーパー「サンエー」へ。

ちんすこうやスパムが、普通に売られているのが面白い。
お茶はウーロンとか麦茶はちょっとで、大量のさんぴん茶。
ビールはオリオンビールが珍しいので買ってみた。

シークワーサードレッシングや、キャンベルのクリームチキンスープも買った。
この日は大浴場には行かず、部屋のお風呂で。
子供たちは疲れたようで、寿司を食べたら寝てしまった。

3日目

朝食を取り、チェックアウト。
お天気はいまいちだったが、せっかくだから古宇利島へ。
テレビで、古宇利大橋を渡るところを見て、ぜひ生で見てみたいと思ったから。

橋の真ん中ぐらいに来ると、海の青さが違う。エメラルドというか、コバルトブルーというか
いままでに見たことのない海の色で、とてもきれい。
お天気も良ければ、海と空の青さが、よりきれいに見えただろう。

島に渡り、橋の下のビーチへ。
ここでも浜辺で、ケントはズボンまで濡らして遊んだ。
駐車場の近くで、ブルーシールのアイスを見つけ、車の中で食べる。
店員さんに穴場を教えてもらったのだけど、結局島をぐるっと一周してし分からず仕舞。
残念だが、そのまま那覇に向かうことにした。

途中、Jimmy'sに立ち寄る。輸入品が豊富なスーパーらしく、レストランも併設されていてバフェ(ビュッフェ)が好評らしい。

日曜日のお昼なので、混んでるかなと心配したが着いてみると思ったより店はこじんまりしていた。
レストランも混んではいなかったので、入ることにした。
まずは年齢チェックなのだが、3歳のケントも料金がかかるとのこと。そんなに食べられるわけないのに・・・。

で、メニューなのだが、メインは何?ご飯におこわがあったりしたけど、特にこれといって目玉メニューはなく子供たちが食べたいのもカレーぐらい。飲み物やケーキは充実していたけど、これだけで本当に好評なの?
お値段も、結構するし、お手ごろではないし不満が残る。
食後、スパーで買い物をするが、ここもケーキのボリュームと甘さだけはアメリカンな感じがしたが、それ以外はどうも・・・という感じ。

なぜかここに、「コストコ」のショッピングバッグを売っていた。
300円ぐらい。かなり大きいので、まとめ買いをする我が家には便利だと思って購入。
でも後日、福岡の本家コストコに行ったら、150円ぐらいで売ってた。(涙)

ジャパレンの空港営業所へ向かう。
隣接のスタンドで給油。一泊につき1,000円券をもらっていたので、不足分は1,000円ぐらいだった。

空港のお土産売り場をのぞいてみると、かりゆしリゾートで沖縄そばを食べたときに、テーブルに置いてあった塩と同じものが売ってあった。粒粒の粗塩で、天然塩にウコンなど混ざっていたて、健康にもよさそうだしどこかに売ってないかなと探していた商品だったので即購入。

あっという間の2泊3日の旅はもうすぐ終わり。
初めての沖縄もすっかりお気に入りになりました。
また近いうちに行きたいね!


海外・国内旅行のトップへ



back to top

Category